臨床工学技士を目指すための学校がある【効率よく資格をゲット】

医師などが行う事務の補助

事務

称号が与えられる

医療機関においては、国家資格を持って仕事をする人が多くいます。医師、看護師、薬剤師の他、リハビリに関する国家資格を持っている人もいます。国家資格を持っている人は、主に医療技術を提供する業務に従事します。一方で業務を行うにあたってはいろいろな事務手続きも必要になります。小さいクリニックなどでは医師や看護師、そのクリニックを運営している家族などが行うときもありますが、医師などが行うと治療などの時間に支障が出すときもあります。そこで必要とされるのが医師事務作業補助と呼ばれる資格で、民間団体が技能を認定しています。医療事務とも呼ばれる業務を行うための資格ですが、無いと仕事ができないわけではありません。でも持っていると独特な事務手続きができるようになります。医師事務作業補助を取得するには、業務上必要な医療文書の作成、医学、薬学、医療に関する法律などを学ぶ必要があり、医師事務作業補助に認定されれば自然にそれらの知識が身に付くようになります。日本では医師事務作業補助は特に資格がなくても行うことができます。海外においても同様ですが、一部においては医療クラークとして一定の職務として認識されています。単に事務処理をできる人ではありません。こちらの資格を取得すると、ドクターズクラークと呼ばれる称号を付与してもらえます。就職活動の時には履歴書などに書くことができますし、実際に勤務をするときにもこの資格を提示することで評価してもらうこともできるでしょう。

Copyright© 2018 臨床工学技士を目指すための学校がある【効率よく資格をゲット】 All Rights Reserved.