臨床工学技士を目指すための学校がある【効率よく資格をゲット】

患者さんに寄り添える職業

ノートを取る

やりがい感じる仕事

理学療法士になるためには高校卒業後、文部科学大臣か厚生労働大臣が指定した養成機関で3年以上の知識と技術を習得する必要があります。4年制大学、3 年制の短大か専門学校などが該当します。専門学校の場合はこの3年間で理学療法士として必要な知識、技能を身につけ、現場対応ができるように自ら考えて行動を起こす決断力を養います。理学療法士になるには国家試験に合格しなければなりません。3年後の合格を目指して専門学校で勉強するのですが、4 年制の大学と違い1年短いので短期間で合格レベルまで持っていく必要があります。そのためには国家試験合格率の高い専門学校が最適です。卒業後は理学療法士として現場での実習に入ります。それまで学校で学んで来た知識と技術は現場では全く違います。つまり応用力が求められるのです。そして様々な障がいや怪我などを抱えた患者さんを目の前にして運動療法や物理療法を使い、それ以上ひどくならないよいうに、日常生活に支障ができるだけかからないように支援をしていくことが大切なのです。実務経験を積んでプロとしてそれぞれの場所で活躍が期待されるのです。リハビリテーション、病院、介護施設、特別支援学校、障害者センターなど多くの患者さんが理学療法士を待っています。地域社会と繋がることでさらなる活躍の場が広がり、経験や知識もさらに深まります。理学療法士は患者さんを、医療を支える大切な仕事です。高齢化社会が加速する中でそのニーズはますます高まって行くのです。

Copyright© 2018 臨床工学技士を目指すための学校がある【効率よく資格をゲット】 All Rights Reserved.