臨床工学技士を目指すための学校がある【効率よく資格をゲット】

将来性の高い仕事

男女

学校の選び方

臨床工学技士とは、医療にかかわる機器の操作や保守点検を行う人のことです。人工透析装置や人工呼吸装置、人工心肺装置など医療にかかわる機器は数多くあり、技術の進歩によりその種類は増加傾向にあります。高度な医療機器を備えた大型病院や透析クリニックなどでは欠かすことのできない人材であり、将来性が非常に高い仕事といえます。臨床工学技士になるには国家試験を受けなければなりません。受験資格を得るには高校卒業後、臨床工学技士の養成課程がある専門学校や大学で3年以上学ばなければなりません。看護師や臨床検査技師の養成校を卒業した人ならば1年専攻を追加すれば受験資格を得ることはできます。臨床工学技士の資格は比較的新しい資格なので、学べる学校もそう多くはありません。ですが増加傾向にあり、今後も増えていくと予想されています。大きく分けると3年間学ぶ専門学校もしくは短大か、4年間学ぶ大学かにわけられます。専門学校もしくは短大だと学費が抑えられ、早く社会に出られるというメリットがあります。大学だと学費はかかりますがゆったりと勉強でき、広く深く知識を得ることができます。近年は大学卒の臨床工学技士が増えてきていますが、どちらを選ぶかは個人の考え方によります。費用や立地のみで決めるのではなく、卒業後の進路や試験の合格率、学校の雰囲気や講師の質なども総合的にチェックして決めましょう。オープンキャンパスなどで実際に見学に行くのも大切です。

Copyright© 2018 臨床工学技士を目指すための学校がある【効率よく資格をゲット】 All Rights Reserved.